Mediax

【イベント・レポート】純情のアフィリア 名古屋凱旋お渡し会 第二部:葉山カナさん 『Cream(クリーム)2022年6月号』発売記念(名古屋)

去る5月22日(日)、名古屋・名駅の星野書店近鉄パッセ店さんにて、「純情のアフィリア 名古屋凱旋お渡し会 第二部:葉山カナさん 『Cream(クリーム)2022年6月号』発売記念」が行われました。
当日の名古屋は、前日の悪天候が嘘のように朝から晴れ間が広がり、気温も上がって、まるで初夏を思わせるような陽気で、まさに絶好のイベント日和。
きっとファンの皆さんの想いが天に通じたのでしょう。
毎度、読者アンケートなどで「名古屋でもイベントを開催して欲しい」というお声を多数いただいておりますが、このたび、事務所さん、星野書店さんの多大なるご協力により、『クリーム』史上5度目の名古屋イベントを開催することができました!
ほんの2、3年前までは、星野書店のご担当者さんと「いつか名古屋でもイベントができるといいですねえ」と夢物語のように話していたのが、今や定期的に行えるように。
これも、ひとえに読者の皆様が応援して下さったおかげです。
ありがとうございます!
葉山カナさん(愛称:かなりん)は、全国展開中のカフェ&レストラン「アフィリアグループ」を代表するメンバーから構成された学院型ガールズ・ボーカルユニット「純情のアフィリア」のメンバーで、メンバーカラーはイエロー。
アフィリアさんのセンターを務める大人気メンバーで、秋葉原エリアのカルチャーマガジン『あきかる』のレギュラーモデル、雑誌でのグラビア掲載、ネット・メディア「スクランブル」でのカレーコラムの連載など、実に多方面に渡って大活躍されています。
そして、カナさんと言えば「ラーメン」です。
「ラーメン好き」を標榜するアイドルさんはたくさんいらっしゃいますが、カナさんはレベルが違います。
何と、カナさんのインスタグラムに上げられている画像は、全てラーメン!
普通、アイドルさんのインスタと言えば、可愛らしい自撮りの写真なんかをアップするものだと思うのですが、カナさんのはどこまでもラーメンだけ!
こんなアイドルさんは他に見たことがありません。
筋金入りのラーメン好きを仕事に活かし、『あきかる』誌上で連載されている「葉山カナのアキバラーメン道」は、同じくラーメン好きの、書泉さんのアイドルご担当者さん(既にご退職)を「お店のチョイスが素晴らしい!」とうならせるほど。
特に、天下一品がお好きで、昨年は何と、同店の50周年を記念して発売された『天下一品Walker』(KADOKAWA)のYouTube番組に出演し、編集長と対談されたのです。
ここまで来れば、本物ですね!
カナさんが『クリーム』に登場されるのは今回で2度め。
前回は、『2021年10月号』の巻末企画で、純情のアフィリアさんのメンバー全員でご登場されました。
それを記念して、星野書店さんで、カナさんのほか、メンバーの東城アミナさん、寺坂ユミさんのイベントを開催したのですが。
そのイベントの当日、事前サインを入れながら、カナさんが「ゆみちぃといっしょに撮影した~い! たのしそう!」とおっしゃったのです。
カナさんとユミさんは、アフィリアさんの同期(10期)、同郷(お二人とも名古屋ご出身)で、プライベートでも一緒にドライブに行ったり、ご自宅にお泊りするほどの仲良し。
しかも、どちらも大人気メンバーさんです。
「え、実現したら最強じゃないですか!」と営業担当が興奮して声を上げます。
この時のやり取りがきっかけとなって、その「最強」がついに実現しました!
『クリーム2022年6月号』は何と、カナさんとユミさんのW表紙になったのです!
ちなみに、表紙のキャッチには「祝!最強コンビ初表紙」とあります。
今回のイベントは、それを記念したものです。
そのため、事前にご本人のツイッターなどで大変熱心に告知して下さいました。
その甲斐あって、5枚限定のプレミアムな10冊券、同じく5枚限定の7冊券は、発券開始早々に完売!
さらに当日には、5冊券も完売したのです。
ありがとうございます!
これも、カナさんが普段からファンの方との交流を大切にされているからこそでしょう。
アフィリアさんは、このイベントの前日、大阪でライブでした。
カナさんは、ライブ終了後に名古屋にいらっしゃり、ご実家に宿泊されたそうです。
イベント当日、カナさんのお渡し会の前には、7冊券以上の方限定の「寺坂ユミさん&葉山カナさんミニトークショー」が行われました。
ハードなスケジュールですが、カナさんは全く疲れた素振りも見せず、控え室でメイク直しをされた後、会場に設置した長机の上に山と積まれた『クリーム』に、一冊一冊、心を込めてサインを入れて下さいました。
ぱっちりとした目の愛くるしい子犬の顔をあしらった、胸がキュンとするサインです。
カナさんはワンコがお好きで、スマホの待ち受け画像も可愛らしい子犬。
「飼っていらっしゃるワンコですか?」と尋ねると。
「ネットで拾った知らない犬です」ときっぱり。
何じゃそりゃ。
カナさんは、可愛い顔をして、意外と「ボケ」る方なんですね。
その飾らなさが人気の秘密なのかも知れません。
カナさんのサインは、ワンコの瞳を塗りつぶすので、時間が掛かります。
しかも、冊数が多いので、なおさらです。
前回のイベントの時は開始時間に間に合わなくて大変でしたが、今回は時間に余裕を持ってサイン入れをしていただいたので、大丈夫でしたよ。

撮影&お渡し会

さて、いよいよイベントの始まり。
カナさんは、上は『クリーム6月号』の誌面で着たのと同じ、薄いピンクの半袖シャツに真紅のリボン、下は少しアレンジして、赤と緑を基調にしたマドラス・チェックのプリーツ・スカートでご登場。
う~ん、可愛い女の子には制服が似合いますね。
ラーメン大好きなのに、どうしてこんなにスレンダーな体型を維持できるのでしょうか。
今回のイベントは、撮影&お渡し会。
購入冊数に応じて、特典が異なります。
すべての券種で、事前サイン本のお渡し、お客様のカメラまたはスマホでの撮影、2ショットチェキの撮影が可能。
さらに、3冊券ではチェキへのサイン入れ、5冊券では、チェキへのサイン入れまたは私物サインの選択、それに加えて、特製アクリルキーホルダーのプレゼントが。
7冊券では、チェキへのサイン入れ、私物サインに加えて、特製マグカップ、10冊券では、それに加えて、『クリーム6月号』の表紙ポスター(A1サイズ)のお渡しがあります。
何という豪華な特典でしょうか。
カナさんは、常連のファンの方の顔と名前を完璧に把握していらっしゃいます。
ファンの方の近況も、ツイッターで確認して、詳細までご存じです。
ユミさんのファン対応もスゴイと思いましたが、カナさんも甲乙つけがたい。
こんな子犬のような可愛らしいお顔をされているのに、ファンの方のハートにグイグイと切り込んで来ます。
「わーい! ありがとー! エロい?」
「…何て言おうかと思って…。」
制服姿の女の子に、いきなり「エロい?」と聞かれると、ドギマギしますね。
続いては、遠方からいらっしゃった常連の方です。
「ありがとー、○○!」
「こんにちは。」
「何か食べた?」
「立ち食いそばくらい。」
「(名古屋駅の)新幹線のホームのきしめん、おいしいよ。」
カナさんの名古屋愛はスゴイです。
「せっかくこのために遠征して来たのに。名古屋のアイドルに会いに。」
「名古屋いい場所でしょ?」
「全然わからない。駅周辺しか。来週もトークショー行きますんで。」
「来週(の衣装)はセーラー(服)だね。」
次は、ド派手な黄色の地に大きな女の子の絵が描かれたTシャツを着て来た方。
「○○ちゃん、だれや、そのTシャツの女は?」
なぜか関西弁になるカナさん。
アイドルさんは誰でも、「浮気」には厳しいです。
今度は、同じ黄色でも、カナさんの生誕Tシャツ(サイン入り)を着て来た方です。
「ありがとー、○○! トークショー楽しかった? 楽しかったでしょ?」
「似合うね、セーラー。」
「まあね、現役だもん。」
「…。」
「現役って言ったの!」
まあまあ。
現役でも、こんなに可愛い子は滅多にいませんよ。
続いては、先ほどのトークショーの「じゃんけん大会」で優勝した方です。
「あ、○○センパイだ。さっきおめでとー! じゃんけん、強すぎやろ。」
またまた関西弁になるカナさん。
ちなみに、アフィリアさんは、ファンの方のことを「センパイ」と呼びます。
アフィリア・グループでは、店舗は魔法学院、スタッフは魔法使い見習い、来店客は学院の先輩という設定になっているからです。
カナさんは、シャイなファンの方にも積極的に話し掛けます。
「髪型そんなに変化ないけど、アップになっただけだから。アイドルとしては満点だと思う。アイドルとか芸能人って、キャラ付けをちゃんとしてたほうが覚えられやすいって、プロデューサー目線。(『クリーム6月号』)見た? まだ見てないの? 感想聞きたいよ。」
シャイで、「好きだ」と素直に言えないファンの方も、こうしてご本人に直接会いにいらっしゃる訳ですから。
次の方。
「ありがとー! 前も来てくれたよね? うれしい!」
一度会ったファンの方のことは忘れません。
今度は常連の方です。
「あ、○○センパイだー!」
この方は、先ほどのトークショーで、【質問カード】に「アフィリアの曲の中で、どれが好きですか?」と書きました。
「質問してくれてありがとう。アフィリア、もっと好きな曲多いんだけどね、思いつかない。あれも好き、『Sing a World』。かわいいよね。『教育(的指導!)』はアンナ(メンバーの桜田アンナさん)も好きなんだよ。『キラキラレディオ』とかも好き。」
「あー、あれ、いいすね。」
次の方には、マシンガンのように猛烈な勢いで話しかけるカナさん。
「あー、○○! 何しゃべんの? 来て質問してよ。チェキチャみたいに! 3冊買ったって言ってたじゃん? イベント関係ないヤツ? チェキがほしかったってこと?」
色々なタイプのファンの方がいらっしゃって、フランクな方からシャイな方まで。
それぞれに合わせて、見事な対応をされるのは、さすがカフェ店員からの叩き上げです。
関西の方もいらっしゃいました。
「○○! ありがとー! 今日もウインクしてたよ。かわいかった? 休み取ってくれたの?」
この方は、『クリーム6月号』のカナさんとユミさんのページをすべて切り離して、パウチ加工をして持ち歩いていらっしゃいます。
「お、ウチの、はずかしい! ゆみちぃとめっちゃ写ってるじゃん!」とカナさん。
「今日、めっちゃ暑いから、これ(扇子)ダイソーで100円。」
「あ、ひまわりの(絵柄の)ヤツ! ウチと○○の二人のヒミツだよ!」
「誰にも見せてへん。」
何だか、恋人同士みたいですね。
この方はもちろん、前日の大阪のライブにも参加されていました。
「おいでやす、大阪。」
「二日連続で会えてうれしい! もっとうれしい顔して!」
今度は、可愛らしい女性の方がいらっしゃいましたよ。
どうやら中国の方のようです。
すかさず、台湾ご出身のマネージャーさんが通訳を引き受けます。
「ありがとー! うれしい!(ウチのこと)好きなの?」
「すごく好き。」
「お名前は? 何でウチのこと知ってるの?」
「この本屋(星野書店さん)で雑誌(『クリーム6月号』)を見て。すごくかわいくて。」
「だいじょうぶ、実物?」
「マスクかわいい。」
「マスクかい!」
ちょっとズッコケながらも、「アイドルが好きなの?」とカナさんが尋ねます。
「聞きたいことがあります、カナさんに」と、日本語で文が書かれたメモを片手に一生懸命話すファンの方。
「雲が空にあるかのように、ずっと友だちでいたい。」
「ありがとー!! うれしー!! ずっとここにいていいですか? ウォーアイニー!」
「わあー! かわいい!」カナさんに中国語で話し掛けられて、この方もとても嬉しそうです。
「日本に住んでるの?」
「日本に来て1ヵ月。留学。」
「日本語すごいじょうず!」
「カナさんも中国語。」
「ぷっ、2語しか言えない。わたしも中国語、勉強したけど忘れた。全然わかってない。ウチ、発音がヘタだから。」
「名古屋に住んでるの?」
「はい。」
「ウチ、名古屋出身。」
「ネットで調べました。」
「来月、名古屋でライブがあります。いろんなアイドルが出る」
「カナさんは?」
「行きます。よかったら、あそびに来てくれると。めっちゃうれしいから。感動した!」
「あ、すごい、はずかしい!」
「中国語、おぼえるね!」
「ありがとうございまーす!」
見ているこちらも泣けて来ました。
これこそが真の国際交流ではないでしょうか。
いやあ、この仕事をしていて本当に良かったです。
しばらくの間、星野書店さんのイベント・スペースに幸せの余韻が漂っていました。
それにしても、同性にも愛されるというのは、本物のアイドルさんの証しですね。
次の方はラーメンがお好きなようで。
「○○さん!」
「今日、さっき待ってる間に『うま屋』に行って、そのあと、スガキヤに行った。」
「ラーメンラーメンじゃん! いいな!」
「うま屋」というのは、愛知県を中心に展開するラーメン・チェーンです。
カナさんは、こちらのラーメンが大好きで、何と、アフィリアの店舗に入る前は、ここでアルバイトをされていました。
しかし、愛知に縁のない僕は食べたことがありません。
スガキヤもカナさんが大好きな、名古屋拠点のラーメン・チェーンなのですが、ここのお店にも行ったことがないです。
先日、スーパーでスガキヤのカップ麺を売っていたので、それを買って食べてみましたが。
「カップ麺は別モノですよ!」とカナさんに言われてしまいました。
確かに、天下一品のカップ麺も、全然こってりじゃないですからね。
続いては、10冊券の方。
「ありがとー、○○。トークショーたのしかった?」
「楽しかった。懐かしい感じで。」
「かわいい?」
カナさんが今日の髪型について尋ねます。
「自分でやったの?」
「自分でやったよ。さすがにハーフツインは自分でやる。編み込みはできないけど。不器用だから。」
先ほどのトークショーを振り返って。
「ウチ、ヤバくない? ゆみちぃのこと、けっこう上から(目線で)言ってるなって。」
名古屋の(アフィリアの)店舗時代の話しです。
「聞いてても、あんまり関わりなかったんだなって。」
「早番と遅番だから、あんまり会わなかった。」
この日は、店舗時代からのファンの方もたくさんいらっしゃいました。
「あー、ありがとー! うれしい! ダイニング(名古屋のアフィリア店舗)めっちゃうれしい! 前も来てくれてるね! ありがとー! 元気だよ!」
次の方も、その次の方も。
「あ、○○~! ダイニングの流れがすごい! この3人衆、お笑いトリオ!」
「うちらダチョウ倶楽部みたいだから。」
「ホントにそう!」
昔からのファンの方を大切にされていて、素晴らしいですね。
今度は寡黙な方。
「あー、○○! うしろにいた感じがした! 今日、来てくれるって思わなかった! あきらめて、しゃべったら。名古屋来てくれて、ありがとう! うれしい! こんな顔になっちゃう!」
おもしろい顔をするカナさん。
「名古屋メシ食べた? 食べてね、おいしいよ! おはなししよう、おはなし! サプライズ! ホント、サプライズ! 名古屋で会えて、うれしいよ! 今日も笑顔がステキ! ホントだよ! いつもニコニコしてていやされる。会えてうれしい!」
またも懐かしい方のようです。
「○○、顔やせたでしょ? 前よりほっそりした。ありがと。何で来てくれるの? めっちゃうれしいんだけど。」
「名古屋には何で来たんだ?」ちょっと厳しく当たるファンの方。
「ウチ、東京の女? 何してんの、今?」
「変わらん。」
「かわらんって言っても、時が止まってるからさ。ありがとーしか出て来ない。感動、感動の再会。何でウチのこと覚えてくれてるの?」
う~ん、ハンフリー・ボガート(古い!)の映画に出て来そうな雰囲気ですね。
しかし…。
「好きだから。スーパー・アイドル、カナちゃんのこと、忘れない!」
カナさん、本当に愛されていますねえ。
続いての方も。
「○○やーん! ウチ、セクシー? ありがと! 何で来てくれたの?」
「ずっと好きだから。」
「何で好きなの? ありがとー! いっぱい(『クリーム』を)見てね。布教して!」
「また会いたい。」
「ありがと、○○。また来てくれるの? やさしい!」
一人で2周する方もいらっしゃいました。
「このかっこう(制服)は今だけだから、目に焼きつけて。メガネも2度くらい度を上げて」とカナさんがささやきます。
「かわいいかわいい! セーラー好きだから。」
「知ってる。ずっと前からね。」
「めっちゃかわいいよ。」
さらに、何と3周めの方まで!
「楽しかった?」とカナさんが聞くと。
「うん。」
「来て良かった?」
「うん。あー、もう、うれしいなあ! カナさんといっぱい話して!」
最初は、2ショット・チェキの撮影です。
定番のハートから、「来てくれてうれしい、にゃん!」とニャンコのポーズ。
うひゃあ!
これは誰でも、カナさんにメロメロに…。
しかし、中には直立不動のままのシャイな方も。
「あれ? あれ?」
一方で、「セクシーな感じで」とリクエストする方もいらっしゃいます。
「セクシーだよ!」と強がるカナさん。
続いては、お客様のカメラまたはスマホでの撮影です。
なお、10冊券の撮影タイムは、当初「2分」と発表しておりましたが、マネージャーさんのご厚意で「2分30秒」になりました。
「とりあえず後ろ向きに。そうして、ちょっとだけ振り返って。見返り美人。その仏頂面がいいのよ。」
ファンの方のポーズ指定をサラサラとこなすカナさん。
「すわってほしかったら言ってね。」
「座りで。」
「はい。」
「遠かった。」
立ち上がるカナさん。
「アハハハ。息止めてる?」
「止めてる。死んじゃうかと思った。」
「ありがとー。ハハハ。ヤバいヤバい。酸欠になっちゃう。」
長くアイドルをされているので、ファン対応にも余裕が感じられます。
シャイな方にも、「撮ってください、わたしのすべてを!」
まるで宝塚歌劇のように空に向かって両手を広げるカナさん。
「行くよ! せーの、ターン!」
くるりと回転。
気合いを入れて、立派な一眼レフを2台持って来た方も。
「うお、スゲ! 2台持ち!」カナさんは素で驚いています。
一眼レフから最後にスマホに持ち換える方。
「かわいく撮ってください。ま、どんなカナちゃんでもかわいく写るから、ねー」と自信満々なカナさん。
「2秒間隔でポーズ変えてだいじょうぶ。ポンポン、えーん、巨乳、グリコ!」
前日の大阪で覚えて来られたのか、両手を上げてグリコのポーズです。
緩急自在。
色んなカナさんを見るのは楽しいですね。
スマホで撮影しようとした方は、「あれ? 顔認証されない。」
「わたしが人間だと認識されてないのかな?」
いえいえ、そんな…。
中には、1分間の撮影時間を30秒で切り上げて、「あとはお話しするんで」という方も。
「ウチは○○とお話しできるの大好きだから。ありがとね。」
「カナちゃん大好きだから。ラブラブ。」
「そうだよ。もっともっと。」
それから、カナさんお得意の(?)セクシー路線です。
「エロいポーズ行くよ! だっちゅーの!」
え~っと、何年前のネタでしょうか?
かと思いきや、「きんちょうする? きんちょうするよね? わらかしてあげる!」
もう、突き抜けてますね!
5冊券以上の方には、特製アクリルキーホルダーをプレゼント。
75ミリ×75ミリという大きいサイズで、バストショットの写真を使ったので、カナさんのお顔がしっかり入っています。
「これ、つけてね、ここに。なくさないよーに。」
7冊券以上の方には、特製マグカップのお渡しもあります。
こちらは、スターバックスのマグカップをイメージしてデザインしました。
カナさんも現物をご覧になって「かわいい!」。
10冊券の方には、『クリーム2022年6月号』表紙ポスター(A1サイズ)を差し上げます。
ポスター用の紙管もご用意しました。
「ポスターもらうと、ちゃんとポスター入れてくれるの、いいな」とファンの方。
ところが、カナさんはポスターを巻いてこれに入れるのに一苦労。
「ウチが巻かなきゃいけない。入るかな?」
「入れてくれるんだ、親切」とファンの方は言ってみましたが。
「ウチ、不器用だから、やぶれそう。」
結局、ファンの方が自分で入れることに。
「だいじょうぶ? だいじょうぶだよ。ゆっくり。○○の背中をじっと見てるから、ウチは。」
「こうやって巻くんですよ。」
「うまい! すごーい! ありがとうございます!」
私物サインでは、「純情」Tシャツを持って来た方。
「純情Tシャツを着る機会が増えそうじゃない」と嬉しそうです。
そこに、「葉山カナ推し○○」と大きく書き込むカナさん。
ユミさんのお渡し会から続けて参加された方は、既にユミさんのサインが大きく入った表紙ポスターに、カナさんのサイン入れも希望されます。
「どこに書くねん?」疑問のあまり、またもやなぜだか関西弁になるカナさん。
「裏に。」
「え、ウラ? オモテに書きたいよ! ゆみちぃのサインがめだって…。わかった、サインをいっぱい書けばいいんだ! そしたらめだつ。ウチのサイン書くの大変なのよ。」
と言いながらも、実は楽しそうなカナさん。
お次は、カナさんの生誕Tシャツをお持ちの方です。
カナさんがサインを入れるために、ファンの方に「生地を引っ張って」とお願いします。
「パイセン(=先輩)に労働させるんかい!」
人使いの荒いカナさんです。
続いての方は、黄色いファイルを持って来られました。
「カナちゃん専用ファイル、2冊めなんで。」
「きんちょうするんだけど。」
「前、アルバムに書いてもらったじゃん。あれがいっぱい過ぎて入らなくなった。久しぶりじゃない、書くの?」
「葉山カナ専用ファイル」と大きく背表紙に書いたカナさんは、とても満足げです。
今度は、「あのー、ちょっと申し上げにくいんですけど…」と言いながら、先ほど、ユミさんにサインを入れてもらったビニール傘を差し出す方。
さすが、W表紙でお二人が同じ日にイベントを開催したので、こういう芸当ができるんですね。
「スゴーイ! はじめて、カサに書くの。ゆみちぃがこれに書こうって言ったの?」
「まあ、そういう流れですね。」
カナさんがサインを入れます。
「あ、画伯、画伯はすげぇ~! いつも感心するけど。もうこの傘、使えない。」
鑑賞用ですね。
それから、何と、仕事用のノートパソコンを持参した方まで。
「裏(底)に書いて」と懇願するこの方に。
「すげえ~。オモテに書かせてよ。下に書いたら、ぜったいすり減るから。」
「会社のパソコンだから。」
「おこられる?」
しかし、カナさんは「葉山カナのために今日も仕事がんばる♡」と大書き。
「それはヤバい!」
「はい! かわいい! これを見てお仕事がんばってね!」
カナさんにこう言われたら、もう何にも怖くないですよね!
ようやく、サイン本のお渡し。
7冊券や10冊券の方は、重くて大変です。
「おわたしさせていただきまーす! 気をつけてね! 重たいからね! 肩こっちゃう。だいじょうぶ? 全部見てね! 内容おんなじだけど。」
最後は、「ありがとー! たのしかった! 会えてよかったよ! また来てね! 待ってるね! バイバーイ!」と元気に可愛らしくお見送り。
常にファンの方への気遣いを忘れないカナさんで、多くのファンの方に愛されるのも納得です。
こうして、イベントは無事終了。
子犬のようなカナさんと、熱心なファンの方のおかげで、最高のイベントになりました。
ありがとうございます!
イベント終了後も、撮影や追加サインなどでとてもお忙しかったカナさんですが、終始笑顔を絶やさず、最後まで明るいテンションで乗り切られました。
まさに、アイドルの鑑ですね。
葉山カナさん、ご参加下さいましたお客様、星野書店近鉄パッセ店さん、本当にありがとうございました。
当日参加できなかった方も、星野書店近鉄パッセ店さんにて、カナさんのサイン入り『クリーム』が販売されておりますので、ぜひお買い求め下さい。
次回は、5月28日(土)12:00より、東京・秋葉原の書泉ブックタワーさんにて「Cream(クリーム)6月号(メディアックス)発売記念 葉山カナさんお渡し会」です。

https://www.shosen.co.jp/event/183277/
どうぞよろしくお願いします。

【文責:販売部・大浜 ※事務所様確認済み】