Mediax

【イベント・レポート】純情のアフィリア 名古屋凱旋お渡し会 第三部:葉山カナさん 『Cream(クリーム)2021年10月号』発売記念(名古屋)

去る9月26日(日)、名古屋・名駅の星野書店近鉄パッセ店さんにて、「純情のアフィリア 名古屋凱旋お渡し会 第三部:葉山カナさん 『Cream(クリーム)2021年10月号』発売記念」が行われました。
この日の名古屋は、午前中からどんよりとした曇り空で、小雨もパラつくあいにくのお天気でしたが、ファンの方にとっては、この程度の雨など問題にもならないでしょう。
かねてから、読者アンケートなどで「名古屋でもイベントを開催して欲しい」というお声を多数いただいておりましたが、このたび、事務所さん、星野書店さんの多大なるご協力により、『クリーム』二度目の名古屋イベントを開催することができました!
これも、ひとえに読者の皆様が応援して下さったおかげです。
ありがとうございます!
葉山カナ(愛称:かなりん)さんは、全国展開中のカフェ&レストラン「アフィリアグループ」を代表するメンバーから構成された学院型ガールズ・ボーカルユニット「純情のアフィリア」のメンバー(10期)で、メンバーカラーはイエロー。
アフィリアさんのセンターを務める大人気メンバーで、先日発売された『月刊アームズマガジン』の表紙掲載や、秋葉原エリアのカルチャーマガジン『あきかる』のレギュラーモデル、ネット・メディア「スクランブル」でのカレーコラムの連載など、実に多方面に渡って大活躍されています。
今回のイベントは、純情のアフィリアのメンバーさん全員が『クリーム10月号』の裏表紙&巻末グラビアに登場したことを記念したものです。
『クリーム6月号』で16年ぶりの初登場・初表紙という快挙を成し遂げられた寺坂ユミさんを始め、人気のあるメンバーさんが勢揃いの一線級アイドル・グループさんの「全員集合」にふさわしい大きなイベントを行いたいと営業担当は考えました。
そこで、秋葉原の書泉さんのイベントや、ソフマップさんの配信イベントを軒並み完売させたユミさんが名古屋のご出身で、「ぜひ名古屋でイベントがしたい」と事ある毎におっしゃっていたことを思い出したのです。
アフィリアさんには、ユミさんの他に、名古屋ご出身のメンバーさんが二人いらっしゃいます。
東城アミナさんとカナさんです。
アミナさん、ユミさん、カナさんの3人が、故郷に凱旋され、『クリーム』で二度目の名古屋、かつ、初の三部制のイベントを開催すれば、アフィリアさん全体を代表して、ご本人はもちろん、事務所さん、ファンの方、そして、星野書店さんにも喜んでいただけるのではないかと考えたのです。
実現までには紆余曲折がありましたが、関係各位のご協力のお陰で、無事に開催にこぎつけることができました。
この場を借りて、感謝申し上げます。
さて、第三部のご出演者はカナさんです。
普段のライブや、CDのリリース・イベントなどは何度も経験されているカナさんですが、雑誌のお渡し会は初めてとのこと。
そのため、事前にご本人のツイッターなどで大変熱心に告知して下さいました。
その甲斐あって、10枚限定のプレミアムな5冊券は、発券開始から1日で完売!
そして当日には、わずかに残っていた当日券も完売し、見事全券種完売となったのでした。
イベント途中で事前サイン本が足りなくなり、急きょ、イベントを中断して、追加サインを入れていただくという盛況ぶりです。
ありがとうございます!
これも、カナさんが普段からファンの方との交流を大切にされているからこそでしょう。
カナさんはイベント当日、新幹線で名古屋にいらっしゃいました。
アフィリアさんは現在、全国ツアーの真っ最中で、前日は東京で昼夜二部のワンマン・ライブを終えられたばかり。
それでも、全く疲れた素振りも見せず、控え室でメイク、お着替えを忙しくこなされた後、会場に設置した長机の上に山と積まれた『クリーム』に、1冊1冊、心を込めてサインを入れて下さいました。
目がぱっちりとした愛くるしい子犬の顔をあしらった、胸がキュンとするサインです。
カナさんはワンコがお好きで、ご実家で飼っていらっしゃったこともあるとか。
カナさんご自身も、よくファンの方から「犬みたいだ」と言われるそうです。
それも、「ダンボールに捨てられている子犬のようだ」と。
なるほど。
可愛い瞳で見つめられると、放っておけなくなるということでしょうか。
昔、某消費者金融のCMで一斉を風靡したチワワのことを思い出しました(すみません、ネタが古くて)。
カナさんのサインは、ワンコの瞳を塗りつぶすので、時間が掛かります。
今回は、冊数が多いので、なおさらです。
「こんなにたくさんサインしたことないかも」とおっしゃるカナさん。
スタッフ一同、何とかイベント開始時間に間に合わせようと、必死になってカナさんを応援し、どうにかこうにか、予約分のサインを完了することができたのでした。

撮影&お渡し会

さて、いよいよイベントの始まり。
カナさんは、『クリーム10月号』の誌面で着たのと同じ、薄いグレーの地にチェックが入り、襟には薄茶色の3本のラインがある半袖のセーラー服風かつ真鍮ボタンが付いた上着に、赤銅色のスカーフ、紺色のプリーツ・スカートでご登場。
こんなお嬢様風のオシャレな制服は見たことがありません。
しかし、可愛い女の子には可愛い制服が似合います。
カナさんはラーメンが大好きなのだそうですが、それでどうして、こんなにスレンダーな体型を維持できるのでしょうか。
僕なんか(以下、省略)。
今回のイベントは、撮影&お渡し会。
購入冊数に応じて、特典が異なります。
全ての券種で、事前サイン本のお渡し、お客様のカメラまたはスマホでの撮影、2ショットチェキの撮影が可能。
さらに、3冊券ではチェキへのサイン入れ、5冊券では、チェキへのサイン入れまたは私物サインの選択、それに加えて、特製缶バッジのプレゼントがあります。
何という豪華な特典でしょうか。
カナさんは、常連のファンの方の顔と名前を完璧に把握していらっしゃいます。
ファンの方の近況も、ツイッターで確認して、詳細までご存知です。
ユミさんのファン対応もスゴイと思いましたが、カナさんも甲乙つけがたい。
こんな子犬のような可愛らしいお顔をされているのに、ファンのハートにグイグイと切り込んで来ます。
余談ですが、カナさんは同期のユミさんと、とても仲が良いようです。
名古屋のアフィリアの店舗に在籍されていた時は、カナさんの方が1年先輩で、シフトも違っていたため、あまり接点がなかったそうですが、純情のアフィリアに加入してから仲良くなられたとか。
お二人のツイッターでのやり取りを見ていると、まるで漫才の掛け合いのようです。
「どっちがボケでどっちがツッコミですか?」とカナさん。
そりゃあ、カナさんがボケで、ユミさんがツッコミでしょう。
このお二人と、同じく同期でリーダーの渚カオリさんは、3人で一緒にドライブに行かれたりするほど、プライベートでも仲良しだそうです。
仲良きことは美しきかな。
なお、カナさんとユミさんが在籍されていた王立アフィリアダイニング(名古屋店)は、昨年の7月に閉店してしまいました。
カナさんはそのことを大変残念がっていらっしゃいます。
さあ、ファンの方がいらっしゃいました。
「ありがとー、来てくれたんだ!」
「そりゃ来るだろ。」
「かわいい?」
「かわいい。制服ってアリだと思った。」
「セーラー服かブレザーかどっち派? 男の人って、セーラー好きな人が多いよね。」
「そうかな? 別に。現役じゃないよね?」
「現役、現役、現役ってことにしといて! 見えるでしょ、現役に?」
「…。」
「あれ?」
ナチュラルな会話です。
ちなみに、カナさんの学生時代の制服は、中学がセーラー服、高校がブレザーだったとか。
「あ、○○センパイ!」
アフィリアさんは、ファンの方のことを「センパイ」と呼びます。
アフィリア・グループ(コンセプト・カフェ)では、店舗は魔法学院、スタッフは魔法使い見習い、来店客は学院の先輩という設定になっているからです。
「かわいい!」
「かわいい? いつ来たの?」
「さっき。」
「かわいい」が飛び交う会話。
「あ、○○さんだ! 何かやせたよね? ウチのお肉あげようか? まじでやせたねー、細いもん。見て、ネイル行った。」
「あ、いいね! めっちゃかわいい!」
「すごいやさしい!」
カナさんのどこに、人にあげるほどの余分なお肉があるのでしょうか。
さらに、別の方。
「○○さんだ~! かわいい? ほ~、ありがとう。これ、セーラー服だよ。わかる? わかるかなあ。にゃんにゃん。」
色々なタイプのファンの方がいらっしゃって、フランクな方からシャイな方まで。
それぞれに合わせて、見事な対応をされるのは、さすがカフェ店員からの叩き上げです。
ファンの方も、可愛くない子に言われたら腹が立つことでも、カナさんに言われたら可愛いから許してしまうのでしょう。
シャイで、「好きだ」と素直に言えないファンの方も、こうしてご本人に会いにいらっしゃる訳ですから。
常連の方は、「純情」バッグを持って来た方や、カナさんのメンバーカラーである黄色のスニーカーを履いていらっしゃった方も。
「黄色買ったの?」
「わかるか。買いました。」
アフィリア・サーガ(純情のアフィリアの前身)のTシャツを着て来た方。
「そのTシャツ、めっちゃなつかしい!」
大喜びのカナさん。
アフィリアさんは、カナさんが加入した2015年にはアフィリア・サーガというグループ名でしたが、2017年に、現在の「純情のアフィリア」に変わりました。
それから、遠方から来た方も。
「ありがとう、東京から名古屋まで来てくれて。来てくれるだけでうれしい!」
お久しぶりの方も。
「○○、元気だった? ひさしぶり!」
「握手していいの?」
「したいけど、ダメなのよ。おこられちゃう。みんな変わってないね、本当に。おぼえててくれて、ありがとう。うれしい。好きです。何で来てくれたの? ウチのことまだ好きでいてくれたの?」
「…。」
「好きだろ?」
「昔からね。」
女性の方もいらっしゃいました。
同性にも愛されるというのは、本物のアイドルさんの証しですね。
それから、初めましての方も。
「初めてなので、どうやって…。」
とまどうファンの方に、カナさんは「何で来てくれたの?」
「何か気になったので。」
「気になって? 好きになってくれた?」
「なりました。」
「ありがとー! どこに住んでるの? 名古屋?」
「一宮です。」
「ほぼ名古屋じゃん。」
緊張しているファンの方にも、親しく話し掛けて解きほぐすのがカナさん流です。
中には、一人で2周も3周もする方もいらっしゃいました。
「今日は5冊券しか持ってなかったけど、○○さんがライブの特典会に比べていかに割安かを説いてくれて、買い増した。交通費が浮く。」
「ウケる!」
「東京でもやってよ。」
「やりたい! 名古屋だってこういうイベントやったことなかった。」
カナさんにまた『クリーム』に出ていただければ、ぜひ東京でのイベントも開催したいです。
最初は撮影タイム。
今回のイベントでは、カナさんはフェイスシールドとマスクを着用されていて、感染対策もバッチリです。
5冊券で、撮影タイムは1分間なのに、1枚しか撮影しない方。
「1枚だけでいいの?」
「渾身の1枚。」
「こんしんの1枚!!」
「あ、それ、可愛い。」
「ずっとこのポーズでいいの? ウチより名古屋来るの早かったよ。ウチ、(午後)4時半くらいに着いた。今日、行かないかもとか言っといて、ちゃっかり5冊買ってんじゃん。」
茶目っ気たっぷりのカナさんとファンの方との掛け合いも見られます。
「だっちゅーの。」
「世代いっしょですね。」
「おい!」
そして、ウサギのようにぴょんぴょんと飛び跳ねるカナさん。
カメラにうまく収まりませんよ。
次の方。
「わたしの写真をかわいく撮ってください。ポーズは?」
「おまかせでいいですよ。」
胸を強調するカナさん。
「だっちゅーの」とは別バージョンです。(詳しくは書けませんが)。
リーダーのカオリさんの言葉を借りると、「NGはない」アフィリアさんですが、さすがに今をときめくアイドルさんなのですから…。
「こないだ下着屋さんではかってもらったら、○カップになったんだよ!」
「こんな写真に…。」
「こんな写真って。すばらしい写真のまちがいでしょ!」
大はしゃぎのカナさん。
もう突き抜けていますねえ。
初めましての方にも。
「渾身の1枚、お願いします。何かポーズの指定ありますか?」
「おすすめで大丈夫です。」
「大丈夫、ウチのオススメで? ヤバイやつやろうかと思ったけど、かわいいやつで。」
容赦なく、かなりんワールドに巻き込みます。
さすが「せかいのかな」さんです。
そんなかなさんとのおしゃべりは楽しく、写真を撮らずに、ひたすらお話しする方も。
「時間はじまってるよ。しゃべりたいんかい!」
今回のイベントでは、スマホでの撮影もOKだったのですが。
「ケータイが立ち上がらない」と困っているファンの方。
そこへ、さっそうとマネージャーさん登場。
「私が撮って、後でDMで送ってあげるよ。」
「いいんですか? デキたマネージャーさんだ。」
アフィリアさんのマネージャーさんは、業界でも有名な「名物マネージャー」さんです。
さすがのご対応ですね。
このマネージャーさんあって、このメンバーさんありと感じます。
続いては、2ショット・チェキの撮影です。
ファンの方とアクリル・パネル越しに並ぶカナさん。
ハートマークを作るも、ファンの方は直立不動のままで、ハートは半分に。
「あれ? あちゃ、干されてるじゃん、ウチ。」
逆に、カナさんがそっけない素振りを見せるバージョンもあります。
「そこでちょっと(ハートマーク)やってくれるって優しさはない?」
「ない。かわいくないからさ。」
「可愛い。」
「うれしい?」
「うれしい。」
何でしょうか、この赤面しそうな会話は。
私物サインでは、黄色のカナさんTシャツにマジックインキご持参の方。
「これ着てライブ来てね!」
Tシャツに「カナにメロメロ」と書くカナさん。
もう、自分で「メロメロ」と書いてしまうというセンスが…。
でも、ファンの方は、「私物サインって、実は初めて」と大喜び。
「ありがとー!」
カナさんのTシャツを持って来た方は、他にも何人もいらっしゃいました。
昨年のBirthday Liveを記念して販売された、ラーメンを持ったカナさんの頭の上に子犬が載っている、とても可愛らしいイラストの生誕Tシャツです。
その他、ケータイやチェキ帳など、ファンの方はそれぞれご希望のグッズにカナさんのサインを入れてもらわれたのでした。
そして、5冊券限定の缶バッジのお渡し。
「これ、つけてきてね!」
カナさんがにっこりと微笑む、メンバーカラーであるイエローをベースにしたデザインの大きな缶バッジ。
『クリーム』のイベントでは、毎回ご好評をいただいております。
ようやく、サイン本のお渡しです。
「これ、ちゃんと5冊ともサインしてあるから、ちゃんと見てよ。重いから。ありがとー!」
遠方からいらっしゃった方には、「重いよ、これ。東京まで持って帰ってね。」
サイン本は、アクリル板の下に開いた四角い穴からファンの方に手渡されますが、カナさんは「宝くじ売り場みたい!」
受け取ったファンの方は、「カナちゃんの幸せは自分の幸せ」と、喜びを噛み締めます。
中には、たくさんの『クリーム』を買い過ぎて、「もうムリだわ、これ」とおっしゃる方や、受け取った本をそのままカナさんにプレゼントされる方もいらっしゃいました。
「ゲットしてくれて、ありがとー! この中にセクシーなお姉さんがいっぱい写ってるから、ぜったい見のがさないでね!」
「次は表紙だね!」
ファンの皆様のお声が大きければ、もちろんカナさんが表紙になるということも…。
14冊もの『クリーム』を買って下さった方には、何と、マネージャーさんがご自分の「純情」バッグを貸して下さいました!
「重ーーーっ!」
『クリーム』の常連であるエラバレシのリーダー・朝倉ゆりさんのお言葉を借りると、「愛の重み」でしょうか。
最後は、「ありがとー、来てくれて! いっぱいありがとー! また会おうね! 名古屋でね!」と元気に可愛らしくお見送り。
常にファンの方への気遣いを忘れないカナさんで、多くのファンの方に愛されるのも納得です。
こうして、イベントは無事終了。
子犬のようなカナさんと、熱心なファンの方のおかげで、最高のイベントになりました。
ありがとうございます!
イベント終了後も、撮影などでとてもお忙しかったカナさんですが、終始笑顔を絶やさず、最後まで明るいテンションで乗り切られました。
まさに、アイドルの鑑ですね。
葉山カナさん、ご参加下さいましたお客様、星野書店近鉄パッセ店さん、本当にありがとうございました。
当日参加できなかった方も、星野書店近鉄パッセ店さんにて、カナさんのサイン入り『クリーム』が販売されておりますので、ぜひお買い求め下さい。
今後も、『クリーム』発売記念イベントを企画しておりますので、どうぞよろしくお願いします。